焼き芋あんぱん

e0126494_2204291.jpg
先日、オーブンのメニューにある「焼き芋」に挑戦。(焼くだけだけど ^^;)
焼く前にサツマイモにフォークで穴を開けるのを忘れ、爆発・・
でもほっくり美味しく焼き上がり、こなつは私達より食べてました。





くーぷトーストに、余った焼き芋と自家製餡子を適当に混ぜ込み成形。
フィリング有りでもこんなに釜伸びするのか・・と驚きと嬉しさと。^^
e0126494_2202930.jpg


新しいオーブンで初の山食。
庫内が広いし、熱風の循環も良いから、TOPにアルミホイルをかぶせず
200℃で30分間そのままで焼けました~^^
今までは190℃で8分焼いて、アルミホイルを何度も微妙に動かし
様子を見ながら焼いていたので、オーブンから離れられず。
それなのにTOPの焼き色は満足いくものではなく・・・
さすがはnewオーブン。良い仕事してますな~。

e0126494_2213387.jpg

・・・パンを焼く度に気になることが。
このオーブンに変えてから、焼成中の匂いが違うんです。
まさに「パン屋さんの匂い」に変わったのです☆
今までは普通に「パンの匂い」だったんだけど、より美味しい匂いに変化。
なんでだろう?不思議だな~。
(匂いが美味しくなったのなら、パンも美味しく焼けてるのかな?
 う・・ん、よくわかんないんだけど。^^;)


e0126494_2261850.jpg
パンも焼き芋も、「おいち~!」とよく食べてくれました




+++++++++++


先日、お友達と近所をおさんぽ。

e0126494_22273182.jpg
まつぼっくりがたくさん落ちており、こなつ必死に拾ってました。

e0126494_22274459.jpg
地面に座って、からすの鳴く方を見上げて「からすっ!」と連呼。

e0126494_22291145.jpg
鉄のポールを手で叩き、その音に喜ぶ白組さん、赤組さん。


近くの図書館に寄って、子供たちが本を物色している間、私達はちょっと休憩。
幼稚園くらいの優しそうなお兄ちゃんが、「読んであげるよ~」と2人の相手を
してくれて、さらに私達はのんびり。^^
e0126494_22341415.jpg

お兄ちゃんは平仮名をやっと読めるくらいのレベルのようで、
文字を指で押さえながら、「こ・こ・か・・・」と一生懸命読んでくれているのに、
空気の読めないおチビたち、気まぐれにその場を離れた・・・
取り残された優しいお兄ちゃん。傷ついていないか心配になる私達でした。

・・・その後、おチビたちは舞い戻り、しばらくしてきちんとバイバイしました。
遊んでくれてありがとね。^^
[PR]
by chinotea | 2011-01-20 22:45 | ぱんのこと
<< バニラシフォンとライ麦クッキー ホットプレート de ビビンバ >>