パン・ド・ミ

e0126494_20453047.jpg

高橋雅子さんの『変換レシピ』という本から、
志賀シェフのレシピを家庭用に変換させたパン・ド・ミに挑戦!
・・・と言っても、レシピ通りの種類の粉を用意はできず、家にあるもので。
だから、志賀シェフのレシピを変換した、高橋雅子さんのレシピをさらに
変換した、ちーのの変換レシピで作った「パン・ド・ミ」ってことで。(笑





材料はそんな感じでしたが、作り方はできるだけ忠実にしました。
粉量250gに対し、水分量が205mlです。(今回はイースト小1/4)
トロトロのタプタプです。それを12時間以上の1次発酵。
前日の夕方に仕込み、室温で発酵。翌朝ボールを見てみると
煮えたぎってるお鍋みたいに大きな泡が幾つも!!
これで大丈夫???とただただ不安な感じでした。
とにかく今までに作ったことのない配合と手間で、
どんなパンが焼きあがるのか期待せずにはいられない~☆

e0126494_20455822.jpg
そしてやっと焼き上がりました。

e0126494_2046526.jpg
切ってみると、こんなに気泡が!!!


本には、志賀シェフのパン・ド・ミを「もちもちジューシーで、粉の風味と甘みが
最大限に生かされ・・」と書いてありましたが、本当にそんな感じ!!!
もちもちジューシーだし、いつも使っている粉なのに全然違う味わいでした。
とってもとっても美味しい~!!!トーストしてもまた美味しい!!!
長時間発酵に挑戦していることを知っていた旦那様も、食べた時には
「粉は違うの?」と聞いてくるくらい味が全然違ったのです。
しかも、いつも私のパンを美味しいって言ってくれる彼ですが、今回のパンを
食べた時は目を見開いて本気で(?)「美味しい!」と言ってくれました。(笑
普段食べている『ふんわりした山食』や『キメの細かい角食』とは全くの別物。
これは是非また食べたいパンです。

*ただ一つ気になるのは、これであってるのか???
  本にはパン・ド・ミの断面の写真がないので、こんな仕上がりでいいのか?
  正解のわからないまま、私はまた同じパンを焼くでしょう。^^;

[PR]
by chinotea | 2012-02-22 21:05 | ぱんのこと
<< カステラ 丸パンとバナナマフィン >>