レーズンブレッド

e0126494_22351216.jpg

昨日 焼いたレーズン入りのイギリスパン。


いつものイギリスパンの粉の配合を変えてみました。
今回は、準強力粉 200g+強力粉 50g 。
食べた感想としては、前回の方が好き。と二人で意見は一致。
やっぱり準強力粉が多いと、ちょっと生地が強いんだよね。
私としては、ふんわり&もっちりを望んでいるので。

今回のパンは、レーズン入りとシンプルなもののhalf&half。
分割はいつもと同じ2つに。片方だけにラム酒漬けにしたレーズンを巻き込みました。
といっても、いつもの成形みたいに、たいして伸ばしていない生地に
レーズンを乗せて、くるくるって巻いただけ。
これでできるのかな?って思いつつも、ぐるぐるパンを想像する私。
さて、切ってみよう!
e0126494_223267.jpg

あれ~!?なんでこうなっちゃうの???


旦那様が帰宅してから、この断面図を見せて説明していたら・・・
ピカーン!閃きました~!カット面を間違えたんだ~!!
焦っている私を見て、彼が一言。
「今頃 気付いたの?遅すぎない??」
・・・そうなの。私ってそういう人なの。想像が出来ないんだよね。。
3次元の想像とかも苦手なの。空間把握能力が乏しいんだと・・・^^;
結局、TOP画像のように切り直しました。
おかげで切り直したスライスパンは縦半分に切れちゃってます。(笑

このパンは、朝食にバターを塗って食べました。
レーズンにバターってあうね~とっても美味しかったよ♪
[PR]
by chinotea | 2007-11-06 22:44 | ぱんのこと
<< 浅草 ~合羽橋~ 結婚記念日lunch >>