イギリスパン×2

e0126494_1717277.jpge0126494_17171669.jpg
















週末、イギリスパンを2つ焼きました。


この連休に旦那様の親戚に会うことになり、手土産にパンを焼きました。
まだまだ未熟な腕ですが、私がパンを作っていることを知っているし、
「手作りが何よりも嬉しい」と以前 おっしゃっていたので。^^;

イギリスパンを焼くなら、やっぱり「ゆっくり発酵」が美味しいので
前夜からのオーバーナイト。翌朝、成形⇒二次発酵⇒焼成。
それと同時に、2つ目の生地を仕込み、日中 暖かい部屋で一次発酵。
夜に2つ目を焼き上げて、翌日 お渡ししました。
予想していた以上に喜んでくれて、ちょっとビックリしちゃった。^^;
「どんなお土産よりも、手作りが嬉しいわ~!ありがとう!」って。
こんな風に喜んでもらえるなんて、作り甲斐がありますよね。

残念ながら、今回は釜伸びが少しだけで、天使のささやきもなしです。
こういうパンて味見ができないから不安なんだけど、いつも食べてるから
大成功のパンじゃないけど、大丈夫だと思います。(笑






  この日、彼の叔母様の割烹でお昼をご馳走になりました。
  そこは、北九州(関門海峡)の魚を扱うお店。
  この日は『良いふくが入った』、とふく刺しが私達の前に置かれました。
   *九州では「ふぐ」を「ふく」と言います。

e0126494_17334868.jpg

  若い人(?)は私達だけだったので、皆さんが「二人で食べなさい」って・・
  私、お刺身などの生ものは苦手なのに・・・と思いつつ、有り難味もなく
  箸でガーっと大人食べ(!?)をしてみました。
  すると、美味しい!今まで食べたふくの中でも一番美味しいじゃないですか~
  生ものが苦手な人でも、これならいけます!
  今、旬のふく。私達だけでは絶対に食べられない高級品です。
  次はいつ食べられるのかしら???
[PR]
by chinotea | 2007-11-26 17:38 | ぱんのこと
<< アーモンドクリームローズ バゲット >>